その他

雪の芸術!?「サンタ電車」の正体は三井ホームのラッピング市電!見れるエリアはどこ?

雪の芸術!?「サンタ電車」の正体は三井ホームのラッピング市電!見れるエリアはどこ?

2021年12月17日、雪が降った日、とある奇跡が起きました。

「サンタ電車」が雪の中に登場したのです。

サンタのような白ひげ、つぶらな目。

サンタ電車の正体とは?どこに行けば見える?

謎を検証しました!

雪の芸術!?「サンタ電車(市電)」

 1日で3000を超えるイイネが付いた投稿。

サンタのような顔をしている市電ですね!かわいいです。

てっきりクリスマス仕様のラッピング電車なのかと思いきや。

よーく見ると、「雪をかぶってるだけの、赤い電車」だと分かります。

普段はどんな姿をしているのでしょうか?

気になりますね。



「サンタ電車」の正体は三井ホームのラッピング市電

出典:レイルラボ

サンタ電車の車両を調べました。

『札幌地下鉄(市電)・札幌市電210形』の212号車でした。

三井ホームのラッピング広告をされていることが多く、普段はこの写真のような姿をしています。

 



三井ホームのラッピング市電を見れるエリアはどこ?

札幌市電はその名の通り、北海道の札幌市内を走る市電です。

鉄道会社「札幌市交通局」によって運営されています。

写真を取りやすいのは各停留所近辺。

「すすきの停留所(すすきの駅)」なら間違いありません。

すすきの地域は札幌駅から1kmの位置で、札幌観光の拠点になっています。



まとめ

雪の降る日だけ見られる「サンタ電車」。

通勤通学の合間、観光で札幌市すすきの地域に寄った際には、ぜひ探してみてください。